ニシムの往還道

1kmも走れなかった超不健康人間が市民ランナーへ変身!最近はウルトラマラソンにハマってます。
ニシムの往還道 TOP  >  ニシムのつぶやき >  竜巻が直撃したお話

竜巻が直撃したお話

10年以上前に、
竜巻の大被害にあったことを
思い出した

ネットで正確な時期をググってみると
平成11年9月に台風18号絡みで
山陽小野田市に発生した竜巻

オラはまだ独身で
市民館付近の実家で生活

とても強い台風の接近とのことで
会社が休みになりました

オラは二度寝することに


窓の揺れが
いつもの台風に比べて物凄く、、、

外もいつもより暗いな…

尋常じゃないかも知れない、、、
と思いはじめたころ


突然、目の前が真っ暗になって
窓ガラスが割れて
本棚やタンスが倒れてきて
オラは本棚の下敷きに


そのときは
このまま死んでいくのかなって
正直思っちゃいました


何秒か何分かわかりませんが
恐怖の体験でした


その時は台風だと思っていたので
あとから竜巻って知って
ビックリしました



二度寝してたので
布団がクッションになり
本棚の衝撃もやわらぎ

割れたガラスで数カ所ほど足を
切った程度の軽傷で済みました

部屋を見渡すと隣の家の瓦が
壁に突き刺さってました

竜巻の凄い威力

他の部屋を見て回ると…

玄関が大破壊されていた

しかし他の部屋は大丈夫みたい、、、


外に出てみると破壊されている
箇所が直線上であり
竜巻が通った場所が
ハッキリとわかった


部屋に戻ると
やっぱり無残

身体は無事で良かったけど…

部屋の物が無くなってるわ

家電が無い…
数百冊のコミックは無い…
ゲームソフトも…
ガンダムのビデオも…
ビックリマンシールも…

なーんも無い

大損害


そーいや

車は大丈夫なのかなって思って
外に出てみると

遠くから見た感じでは
原型をとどめてそうだ

近づいてみると

フロントガラスが無い…
反対側のガラスも無い…


チーン

修理代70万円でした


保険も補助金も出ず

ただ大損害なだけでした


だけど
命があったから
今があるんだなと
改めて実感



無駄無駄無駄無駄無駄
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL