ニシムの往還道

1kmも走れなかった超不健康人間が萩往還250kmを走れるようになりました!休日は山口県を満喫しています。

2017 09/14

さくら道国際ネイチャーマラソンへの申し込み

さくら道国際ネイチャーラン
超ウルトラマラソン大会では最高峰のレベルで
非常に格式が高い大会です!

本来なら、来年の萩往還250kmでタイムを
残してさくら道へ、2年計画で参戦する予定で
したが、、、

まさかの萩往還へ参加できない事態となり、
(クリック合戦、敗戦のため >_<)

この度、ダメで元々なので
数%の可能性にかけて
申し込みをすることを決意しました!

参加申込資格

①太平洋と日本海を桜でつなごうという大会趣旨に賛同する人

②健康で自己管理ができ本大会コースを制限時間内に完走する見込みがある人

③開会式・オリエンテーション・閉会式に参加可能な人



萩往還の250kmよりも12時間も制限時間が
短くなるのが、最大のネックだと思いきや、
出場するにはもっと厳しい条件がたくさんある
みたいです。

まず、この大会は
選考委員による書類審査により
選手が選ばれます。

前年度の完走者が優先的に選考されます。
そのため、前年度にリタイア者が多くいないと
選考される枠が少なく、狭き門となっているようです。

出場選手は140人と少ない中、
海外、国内の招待選手、一般参加もスパルスタロン、
神宮24時間マラソン、萩往還250kmなどの大会で
上位のバケモノランナーばかりです。

参加申込書には100km以上の実績と
小論文を書いて提出します。

あまり良い実績がないので、
評価されるかわかりませんが
小論文は気合を入れて書いたつもりです!!

内容は企業秘密なので
スミマセン

参加の動機

ワタシ正直言いますと、
さくら道国際ネイチャーラン

大会そのものを
半年前まで知りませんでしたww

2017年さくら道国際ネイチャーランを
完走された山口県の山本強志サン
萩往還250kmの走路でお話したことが、
さくら道の大会を知るきっかけとなりました!

並走しながら
さくら道の熱い思いをご教授
していただきました!!!



これまで山本サンをFacebookで
お見掛けしたことはありましたが、
サブ3ランナーであり、別世界の方だとと思い
友達申請もしておらず顔と名前は知っているもの
この度が初対面でした。

その後、偶然にも萩往還の打ち上げで
一緒になり、さくら道のレポートをいただきました。


読むと、めっちゃ感銘を受け
絶対に自分も走りたいと
思いました!


もしもワタシが参加できるのであれば、
絶対完走します!!


大会までの期間は練習に打ち込むこととなり
きっと人生の大きな目標となることでしょう。


出場してみたいです。

この想い届いて欲しいですね~
CI_skYTUwAAnlMK.jpg
サマーウォーズ的にw
「よろしくお願いしまぁぁぁすっ!!(ポチッ)」


「投函!!!」


最後まで読んでくれて嬉しいです!


 

この記事と関連する記事

さくら道国際ネイチャーマラソンへの申し込み

(0)TB(-)

AFTER「ながとスポーツ公園

BEFORE「海都(回転寿司)下関一の宮店

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top