ニシムの往還道

1kmも走れなかった超不健康人間が萩往還250kmを走れるようになりました!

2016 05/10

第28回 萩往還マラニック250km 完踏記2016(平成28年)その1

山口100萩往還マラニック大会の
250kmの部に初参加してきました!
平成28年5月2日~4日

萩往還マラニック大会250kmの部に
参加して来ました。

250kmもの距離を48時間以内で走ります。

この行為を村上春樹の筆力を借りて表現すれば

「日常性を大きく逸脱してはいるが、
基本的に人の道に反していない行為」



まさにその通りだと思います。


5年前...
初めて70kmを走った時には250kmの選手は、
輝きを放ち神の領域にいる人達に
見えていました。

自分には無縁な世界だと思っていましたが、
まさか自分が選手になる日がくるとは、
夢にも思っていませんでした!

走るからには一発合格したいと思い、
色々な方の体験記などの
ブログを読み漁り、徹底的に準備しました。

攻略の糸口はありました。

【記事】攻略(携帯品・装備品)


地元の特権
練習は試走を兼ねてロング走や
夜間走をやりました。

グーグルのストリートビューも活用し、
コースは全て頭と身体に叩きこみました。

そんな訳で、憧れの大会です!
とことん研究して本番に挑みました。


スタート前

ネームプレートやライトなどの
装備品のモデルランナーとして
芹澤会長に呼ばれました。


会長に呼ばれた時はジでビビリました(笑)

 香山公園 スタート
 《2日》18:00

第1ウェーブをゲット出来ました。
ほぼ先頭でスタートです。


えいえいおー!でスタートです!

長い旅の始まりです。。。


ウルトラで飛ばしちゃいけないのは
分かっているんですが先頭集団に
ついて行くことにました(笑)

僕は6番手で10kmを走ってます。

キロ6分ペースぐらいです。

明らかに飛ばし過ぎです。

 上郷エイド 13.2km
 《2日》19:19



ここから峠を越えて美祢市へ向かいます。

この辺りから多くのランナー
に抜かれはじめます。

ただ、僕より前にいた先頭集団の5人は
かなりペースダウンしていたので
全員抜き去りました。


10km~15kmに一度は補給のジェル
取るように心掛けていました!

 湯ノ口エイド 21.8km
 《2日》20:14



(宮内組長さん撮影)

かなり汗をかいてます。

飛ばしていたこともありましたが、
この日の気温はかなりかったです。

この辺りで20番手ぐらいだったらしいです。


  下郷駐輪場エイド 27.8km
 《2日 》20:55

自覚は全くしてませんでしたが、
まだ6分ペースで走ってるみたいです。

ここのエイドの近くがわたしの
地元になります。

長女の友達親子がボランティアをされてました!

しっかりと応援して頂きパワーをもらいました!

  美祢高校前エイド32.0km
 《2日》21:29

名物のレモンの蜂蜜漬けを頂きました!

最高なんですが手がベタベタになりました!

ペットボトルの水で手を
洗いながら走りました(^_^;)

6分ペースで走っているんですが
エイドからエイドの間、2~3名に
抜かれる感じで走ってます。

  西寺エイド 44.0km
 《2日 》22:40



美人な方ばかりのエイドでした。
シャイな私はコップ一杯の水を飲んで
女性を避けるように出発しました。

隣にあるヤマザキのコンビニもスルーして
少し走った所で自分のミスに気が付きました。

水を持っていない!!!

ここから約15kmは自販機が無いハズ!

私設エイドか奇跡的に自販機が
あることを祈りながら走りました。

ゴルフ場付近の登り坂は真っ暗でした。

前後を見てもランナーは1人もいませんでした。

地元民なので道には自信がありましたが
ここまで前後にランナーがいないと
不安で仕方なかったです。

水がないので給水出来ない状態です。

ジェルだけは持ってますので
補給のため、水なしで飲みましたが
喉が焼けます(涙)

余計に喉が渇いてしまいましたが
水になるよりはマシでしょう!

ランナーも会えない状態で
不安なまま走り続けました。

10kmぐらい進んだ所で2人組のランナーに追いつきました。

2人組もコースミスしていないか不安で
ランナーが来るのを待っていたようです。

県道下関長門線にぶつかるまで
3人で走りました。

県道に出ると待望の
自動販売機を発見!
(結局ここまでエイドも自販機もなかったです)

水とリアルゴールドを飲んでようやく
生き返りました!!

 CP1豊田湖畔公園 58.7km
《3日 》0:30(関門3:30)

28番手で到着しました。

ここでは萩往還250km完踏者の
レジェンドランナーのリッツさんが
スタッフで仕事されていました。

ルーキーの僕には序盤で飛ばし過ぎてるから
スピードを落とす様にとアドバイスを
してくれました。

(リッツさん撮影)

ただ、練習でも60km辺りで足が止まるので、
スピードは勝手に落ちるハズです。

だから逆に行ける所までマイペースで
行くことにしました。

このエイドでは食券を出して
うどんとおにぎりを頂きます!


ここからはわりとフラットな道です。
俵山温泉を目指します。

  俵山エイド 67.1km
《3日》 1:39


三猿饅頭を頂きました!

ここで偶然、仕事でもお会いする
萩往還250kmベテランランナー
N主査とお会いしました。

砂利ケ峠~新大坊とN主査
お話しながら走りました。

いつもなら足が止まる60kmを過ぎましたが
長い下りだったので何とか走りきることができ
新大坊エイドへ!!

  新大坊エイド 79.8km
《3日》 3:18



5時までに到着する予定でしたが、
随分速く到着できました。

この時間からありえないぐらい風が強くなり
ボランティアのみんなでテントを
抑えている状態です。

N主査と一緒にエイド名物の
湯豆腐をいただきました。

ポン酢をかけようとすると風で
ポン酢が飛び散る次第で、、、
ありえない暴風でした。

ボランティアの方は本当に
大変だったと思います。

N主査とはここで別れて先へ進みました。

  CP2旧油谷中学校 87.1km
《3日》4:18(関門8:30)



預けた荷物をもらいました。
ほとんどがジェルの補充です。

強壮ドリンクを入れていたので
一気に飲み干しました!
(目が覚める気がしました)

隣の海湧食堂で牛丼をいただきました。


この時間帯に牛丼を食べることがキツイなって
思いながら食べてました。

しかし、
しっかり食べたおかげで俵島までの道のりは
元気がでたように思います。
(強壮ドリンクの効果かも?)

俵島までの道のりは、
坂道もかなり増えてきました。

萩往還の攻略法の1つですが
登り坂は歩きに徹して足を休ませて
走れるところを走るようにします。

  CP3俵島 98.5km
《3日》6:05



約100kmを食事や装備補給しながら
12時間でやってきました。

四万十川のレースでも100kmを
12時間45分かかったのに

今日は上出来過ぎます。

不思議ですっ!!!

アドレナリン全開だからでしょうかね。

でも走るのはツラかったですよ~

睡魔がなかったのが救いです。


俵島を一周した頃から雨が降りはじめました。

風も強くなり本格的な暴風雨に

まるで台風です。

まともにに進めません。

とりあえずカッパを着て走ることに、、、

この状態が8時間も続くなんて
この時は思ってもみませんでした(涙)

 CP4川尻岬・沖田食堂 107.8km
《3日》7:28(関門12:30)

川尻岬で運営の方に撮影していただきました!



カレー美味しかったです!量もぴったり

この先は暴風雨のため
写真が撮れません!


 CP5立石観音 117.8km
《3日》9:02

暴風雨でシューズが濡れてますが、
マメも出来ず順調に来てます。

次は、ここの海抜ゼロから
高330mの千畳敷を登ります。

激坂のため
ここからストックを装備しました。

 CP6千畳敷 125.4km
《3日》10:33


暴風雨の中、激坂を登りました。

千畳敷には当たり前ですが
観光客1人もいません。

チェックポイントですが
立ってることも難しいです!

チェックシートが風で飛ばされそうなので
慎重に取り出してチェックをしました。

千畳敷から降る最中に道路反対側の大木が
風で根元から折れ恐怖でした。



 日置エイド 131.2km
《3日》11:25

ここでは中学生達のボランティアが
カップラーメンを作ってくれます。

身体は冷えきってお腹も空いていましたが

ずぶ濡れなので、カッパを脱いだりすることが
面倒だったのでバナナだけ食べて
先を急ぎました。


 CP7湯本温泉エイド 144.6km
《3日》13:47

正明市の交差点から湯本の往路が
に雨風が酷かったです!

道路標識がれていました。

風で身体か浮く状態が何度もありました、、、


こんな強風の中で何時間も走る体験など
一生無いと思います。
あるで意味貴重な体験かも!

湯本からの復路は逆に追い風になります。

走らずでも風が押してくれるので
超楽ちん❤︎

自分が復路を走る時間帯で
風向きが変わったらどうしようと
ドキドキしながら復路を走りましたが
強い追い風のまま走りきれて安心しました。

ここから仙崎公園に向かいました。

仙崎公園には35番手で到着しましたが、
僕の2人先で青海島行きは
高潮のため通行止めとなりました。


250kmランナーは頑丈なので、
天災ぐらいでは死なないと思いますが
大会を途中で中止にしなかった
運営の判断に感謝です!


しかし、この暴風雨のせいで体力、体温、
そしてコースの一部が削られてしまいました。

と言う訳で例年とは全く違った条件での
レースとなりました。


つづく


最後まで読んでくれて嬉しいです!


この記事と関連する記事

第28回 萩往還マラニック250km 完踏記2016(平成28年)その1

(0)TB(-)

AFTER「平成29年 むかつくダブルマラソン開催にむけた試走会に参加してきた

BEFORE「第28回 萩往還マラニック250km 完踏記2016(平成28年)その2

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top